coffee@jrcの日記

2009-10-01『住宅瑕疵担保履行法』がスタートしました。

 新築住宅を買って10年以内に売主が倒産しても保証が確実に受けられるように、売主などに対し保険加入などを義務づける法律施行されました。

 売主や請負業者は、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵(欠陥)に対する10年間の瑕疵担保責任において、補修や損害を賠償しなければなりません。(H12年住宅品質確保に関する法律


f:id:kohinata_jrc:20091001225445j:image


 しかしヒューザー姉歯耐震偽装事件において売主が倒産してしまい、瑕疵担保の保証が受けられない問題が起きました。

 こうした被害を防ぐために施工された『住宅瑕疵担保履行法』によって新築住宅供給するすべての売主や請負業者に対し、保険への加入か保証金供託を義務づけ、これにより引き渡しから10年以内に瑕疵が見つかったときには、売主や請負業者などが倒産してしまっていても、保険金保証金で補修費用をまかなえるようになります。

 しかしながら、現在問題になっていることは、冨士ハウスアーバンエステートなどが表沙汰になっている。契約金を払った状態や建築途中での倒産などの話題です。被害に遭われた方は大変でしょうが、なぜそのようなトラブルに巻き込まれてしまったのか?住宅を建てる際にトラブルを回避する方法はなかったのか?

『家はまだ建てるな、まだ買うな!』業者まかせで良い家が建つと思いますか?施主自ら学んでこそ満足する家造りができると思います。

ご興味を持たれた方は当社無料セミナーにて家造りを学んで下さい。

お問い合わせHP

http://www.jrc6101.com/index.htm

トラックバック - http://jrc6101.g.hatena.ne.jp/kohinata_jrc/20091001