kimoto-fumiの日記

2009-10-15損害保険

 今日損害保険業務を行う為に必要な資格更新試験を受けてきました。

今は、募集人資格というのですが、初めて受けたとき(平成8年だったかな)は損害保険代理店初級資格というものと同等のもので、募集行為や契約の締結を行なうにはこの資格がないと取り扱う事ができません。

取得以降約13年ほど経過していますが、今まで更新試験などというものは全くなかったのですが・・・。最近導入されたそうです。

いい事だと思う反面、昨今の代理店としてのモラルや、商品知識の低さなどの要因が試験制度を持ち上げたのではと思うと、少々複雑です。

さてさて、とにもかくにも試験ですので、「少しくらいは勉強しないと」と思っては見たものの、平成8年当時の資格試験は簡単だったうえ、参考書の持込がOKだったので「大丈夫だろう」と高をくくっていたのが、参考書の持ち込み禁止であり、テキストを開くとなにやら昔と全然違う。明らかに難しくなっている。

これはまずいと思い、昨日の休日はひたすら勉強していました。

本業である不動産業でも存在する「個人情報保護法」や「犯罪収益移転防止法」「金融商品販売法」等の法律も再確認できたり、新たな商品の知識も深められることができ、良い経験が出来ました。やはり、学習は必要ですね。



結果はと言うと、「合格」・・・。と言いたい所ですが、まだ合否発表されておりません。

自己採点では合格点に到達しているのですが・・・。






ちなみに、自動車保険のこんな場合、保険金が下りるでしょうか?

ご自身が車を運転中(もちろん自動車保険に加入)自宅前に止めてあった息子が所有する自動車に運転を誤って接触してしまい、息子の自動車を破損させた場合

加入している自動車保険の「対物賠償」で保険金の支払い対象となる。

○でしょうか。×でしょうか

答えは、×です。運転者の子または父母・配偶者などの所有物に損害を与えた場合、支払いの対象にはなりません。